希望

西村計雄 《希望》
1968年  1160×730  カンヴァス・油彩

西村計雄記念美術館蔵


光り輝くものを、つかみ取ろうとするかのような、あるいは、そっと守っているような3つの手のひら。本作は、1999年の西村計雄記念美術館の開館にあたり、町民有志を中心とする「希望の会」の方々の募金により購入、共和町に寄贈された。「西村計雄記念美術館が町民の財産として、いつまでも心の中に残る美術館になり、ひとりひとりの想いでの美術館になることを願い、”わたしたち町民の絵”として《希望》を美術館に贈り、いつまでも展示したい」というねがいが込められている。