index.html title.gifアートで楽しむプログラム
HOME > アートで楽しむプログラム
最新情報
利用のご案内
展覧会
アートで楽しむプログラム
収蔵作品
これまでの活動
美術館グッズ・カタログ
学校のページ
子どものページ
ボランティアのページ
スタッフ日記
リンク
HOME

 

2017年度 アートで楽しむプログラム


tryart
トライアートは毎月1回、土曜日に開催する美術館講座です
 
開催日時 原則として毎月1回土曜日
会場 西村計雄記念美術館
対象 特記のない場合、小学生以上(小学3年生以下の方は保護者と一緒に参加してください)
おとなも歓迎です!
申し込み 電話(0135−71−2525)で予約してください
定員 15名程度(定員になりしだい締め切らせていただきます)
参加料 特に記載がないものは無料(入館料が必要です)
講師 特記のない場合は美術館スタッフが講師を勤めます
特典 @6回以上参加してくれた方には、3月にプレゼントを差し上げます!
A子どもが保護者と一緒に参加の場合、保護者は団体料金で入館できます

2017年8月 夏休みだヨ!
「星空の観察」に挑戦!

七夕の夜、星空を観察してみよう!
昨年は初めて屋外で観察できました!その様子はこちら

日時8月5日(土)19:00〜20:30
対象親子20名程度
講師吉田玄一さん(とまりん館学芸員、札幌市青少年科学館ボランティア)
申込締切前日午後5時
曇天・雨天の場合は、館内で活動します。

2017年7月 夏休みだヨ!
「こどもだらけでなが〜い絵」に挑戦!

暑い夏の一日、なが〜い紙にみんなで絵を描こう!幼児も参加できます。
昨年の様子はこちら

日時7月29日(土)10:00〜12:00
対象親子20名程度(幼児も参加できます)
準備汚れても良い服装、タオル、着替え
申込締切前日午後5時
雨天の場合は、館内で活動します。


2017年6月
「対話による鑑賞」に挑戦!

「感じ取る心」を磨く「対話による美術鑑賞」。その理論と進め方について、美術教育の専門家から学びます。

日時6月13日(火) 12:50-14:10
講師山崎 正明さん(北翔大学教育文化学部教育学科教授)
対象一般20名程度
持ち物特になし

2017年5月 「なつかしい農村のくらし」展関連企画 
「絵や写真、いろんな角度から見てみよう!」

同じ作品を見ても、その人の経験や知識によって、見方は違います。農村のくらしを描いた絵画や、農作業を記録した写真を展示する展覧会「なつかしい農村のくらし」を、農業者と元博物館学芸員と一緒に見てみよう!

日時5月20日10:00〜40分程度
講師木谷捷彦さん(農業)、矢吹俊男さん(元倶知安風土館館長)     
対象小学生以上15名程度


2017年4月 美術館探検会 
「たんけん!ハッケン!びじゅつかん」
終了しました

クイズに挑戦しながら、普段は見られない美術館の裏側まで探検してみよう!

親子を対象に、クイズやゲームを盛り込みながら、普段は公開していない部屋(収蔵庫など)へご案内します。地域の美術館がどのようなところなのか、この機会にぜひごらんください。

日時
4月22日(土)13:30〜
対象親子15名程度








【↑ページの上に戻る】
 
copyright(c) 2006 Keiyu Nishimura Museum of art. All Rights Reserved.